ブログネタ
豆知識・一般常識 に参加中!
陰


全国的にもすっかり梅雨が開けましたね!


さすがに暑いです。ここまで暑くなってきたからには何が何でもお肌対策は必要です。
第一に気をつけることは 何と言っても紫外線ですよね。
UVケアクリームやコスメは皆さん使っていますね、これは絶対外 せませんから。


でもどんなにUVケアをしても、一歩外に出るとあまりの暑さに肌から汗と脂が噴き出して
お化粧と一緒に溶けて流れてしまいませんか。
これを何とかしたいですよね。そこで日傘の登場 です。
紫外線カットはもちろんのこと、涼しさも随分違うので顔の汗や脂も抑えることができます。


ところで、涼しさには「紫外線」は関係ないことをご存知ですか?
日陰に入ると涼しいですが、それ は紫外線がないからではなく、「日射熱」がなくなるから。
日射熱は光そのものとは異なり、ひなたぼっこや遠赤外線で感じる暖かさ、じんわり体の深部
まで暖まる、あの熱のことです。


日射熱は太陽光を跳ね返すことで避ける事ができます。
以前からアルミ蒸着でその効果をつけた日傘は売られていて、私自身も愛用しているんですよ。
日射熱を80%以上も反射してくれるため、普通の日傘よりも一段と涼しいのですが、見た目が
アルミシートのようでお洒落には程遠いもく、プリントものもやはり アルミ蒸着でエレガントさに
欠けるため、効果抜群なのに全く人気がありませんでした。


そこに近年、酸化チタンで薄くコーティング加工をして日射熱をカットしておしゃれも楽しめる
日傘や帽子が出回るようになり一気に注目されるようになりました。通販生活のカタログハウス
に 登場した日蔭だまりは、日射熱カット率73%。アルミ蒸着にかなり迫る数字だし、いかにも
涼しげです。 これならファッションも台無しになりません。 楽天にも違う種類が出ていました。

 木陰のように涼しい断熱日傘 ←楽天


おしゃれが楽しめてお化粧もくずれない。こういう夏対策グッズも上手に利用して、厳しい季節を
少しでも快適にすごしたいですね。